Estimation request? Have an inquiry? Contact Us

サンライズ精工では、ラップ盤・平面研削機・バレル研削機などを使用し、製品表面をわずかずつ削り取って行くことで、バリ取り、平面仕上げ、光沢仕上げなどに対応しています。

1

ここまでに仕上がった製品を図面通りに出来ているか、工具顕微鏡、マイクロメーター・インジゲータ等を使い不良が出ないようにしっかりと検査しています。

2

お客様の要望に適した洗浄方法を行っております。 主に自動洗浄機(SAKURA)を使用し安定した品質を保ちつつ切削油を除去します。

3

サンライズ精工で制作された全ての製品が図面の条件に従い仕上がっているか、打痕、キズ、バリ、汚れなどの欠陥の有無を顕微鏡(7倍から45倍)、製品の大きさ次第では拡大鏡を使用した厳しい外観検査を行っております。 変形、反りが起こりやすい製品は画像測定器も使用して検査します。 ここで良品と判断した製品のみ、次の工程の検査へ進められます。

4

5

6
技術
仕上げ・検査
営業